TOP ニュース 企業情報 輸入うなぎ 国内産うなぎ うなぎ辞典 採用情報

国内産活鰻

 

当社は三河一色産や鹿児島産の活鰻の提供や加工を行っています。

三河一色産活鰻

三河一色は、うなぎの生産地として日本一を誇ると言われている三河一色地区は養殖から加工までを三河一色で行うことで、『三河産うなぎブランド』の消費者への浸透を目指し、日々努力されています。

 

三河一色は養殖地域としての利点がいくつかあります。

 

・三河一色の各養殖場では国内で唯一、河川水(矢作川の水)を使用し専用養鰻水道を整備しています。水が軟水であるため、他の地域より天然うなぎに近いうなぎに仕上がります。
・生産者数が他の主産地より多く密集しているため情報伝達が早く、技術向上が早く、白子うなぎの池入れが長期(約半年)にわたるので、年間を通じて活鰻の出荷が可能になり安定した供給が可能。継続的で安定的な需要があれば、生産者との話し合いのもと、年間契約などで安定価格での供給も可能になります。


このような利点が生産地として日本一を誇ると言われる所以ではないでしょうか。

鹿児島産活鰻

シラスウナギの採捕が国内で最初に始まる南九州、鹿児島県では昭和30年代初頭から薩摩半島でうなぎの養殖が開始され昭和40年代には全県に拡大しました。

 

鹿児島県内の養殖は、シラス台地で有名なミネラル分を含む地下水を加温して使用しており、3面コンクリート張りのハウス池でうなぎにストレスの掛からない養殖方法を採用しています。また、大隈地区の養殖業者では水温・換気・給排水を集中管理するシステムを導入しているところが多く、品質の向上や事故防止に努力しています。

 

三河一色町でのうなぎ生産は日本一ですが、都道府県別生産量では鹿児島県が平成13年より連続して全国一位となっています。 鹿児島・宮崎・熊本の南九州地域での生産量は国内総生産量の約60%になる一大産地です。(平成23年度農水省統計)